統計科学のための電子図書システム

公開準備中

実験計画法講義 II 基礎編(2)

著者: 北川 敏男 著

出版社: 培風館

出版年: 1956年(絶版)

目次

  • 目次
  • 特殊記号表
第一編 要因計画(1)
第1章 多元配置法
  • 1・1 多元配置法
  • 1・2 要因原理 交互作用
  • 1・3 繰返し r の2元分類法における分散分析
  • 1・4 繰返し r の3元分類法における分散分析
  • 1・5 2元配置法における構造模型
  • 1・6 独立要因構成分の2元配置法
  • 1・7 独立要因構成分の2元配置法
  • 1・8 独立要因構成分の3元配置法
  • 1・9 推測の適用範囲と多元配置法
  • 1・10 多元配置法における推測一般
  • 1・11 2元配置法における推測 p×q×(r)
  • 1・12 3元配置法における推測 n₁×n₂×n₃×(r)
  • 1・13 例題解説
  • 1・14 実験系列論と構造模型
第2章 多段配置法
  • 2・1 多段配置法
  • 2・2 多段階原理
  • 2・3 多段分類法における分散分析
  • 2・4 多段配置法の構造模型
  • 2・5 誤差分析と多段配置法
  • 2・6 一般模型の多元配置法と多段配置法
  • 2・7 縮分誤差と多段配置法
  • 2・8 分割区配置法
  • 2・9 独立要因構成の多元配置法と多段配置法
  • 2・10 例題解説
  • 2・11 教育心理の実験と多段配置法
  • 2・12 工業実験と多段配置法
第3章 要因配置計画
  • 3・1 要因配置計画の特点
  • 3・2 要因配置計画に対する批判およびその再批判
  • 3・3 混同原理
  • 3・4 実験配置法の効率比較
  • 3・5 要因配置の設計
  • 3・6 要因配置計画と高次交互作用の無視
  • 3・7 要因配置計画における因子の数と水準数
  • 3・8 直交多項式系の利用による要因効果の表現
  • 3・9 要因配置計画のすすめ方
第二編 2ⁿ 計画および 3ⁿ 計画
第4章 2ⁿ 計画乱塊混同配置
  • 4・1 2ⁿ 要因計画の要因効果
  • 4・2 相合式の導入と要因効果の表現
  • 4・3 2ⁿ 計画における乱塊混同法
  • 4・4 2ⁿ 計画混同配置と群論的考察
  • 4・5 2ⁿ 計画乱塊混同配置の構造模型 2ⁿ(2ⁿ⁻ˢ)[γ]
  • 4・6・1 2³ 計画の3因子交互作用完全混同 2³(4)[3]
  • 4・6・2 2³(4)[3] における Yates 式計算方式
  • 4・6・3 2³(4)[3] (r反復) の構造模型
  • 4・7 2³(4) における部分混同法
  • 4・8 2⁴(8)[4] 例題
  • 4・9 2⁴(4)[42₂]
第5章 3ⁿ 計画乱塊混同配置
  • 5・1 3² 計画の I 系および J 系 相合式の導入
  • 5・2 3³ 計画の自由度分割と相合式
  • 5・3 3⁴ 計画の自由度分割と相合式
  • 5・4 3² 計画混同配置
  • 5・5 3³ 計画混同配置
  • 5・6 3⁴ 計画混同配置
  • 5・7 3ⁿ 計画乱塊混同配置 3ⁿ(3ⁿ⁻ˢ)[γ]
  • 5・8 3³(9)[3] 部分混同
  • 5・9 3³(3)[3₂2j1] 部分混同
  • 5・10 3ⁿ 計画における要因効果の表現
第6章 2ⁿ 型および 3ⁿ 型部分配置法
  • 6・1 2ⁿ 型部分配置法
  • 6・2 2ⁿ-1/2 計画 2ⁿ(2ⁿ⁻¹)[γ]-1/2
  • 6・3 2ⁿ-1/2 計画乱塊混同配置 2ⁿ(2ⁿ⁻ˢ)[γ|δ]-1/2
  • 6・4 2ⁿ-1/4 計画 2ⁿ(2ⁿ⁻²)[γ]-1/4 およびその乱塊混同配置 2ⁿ(2ⁿ⁻ˢ⁻²)[γ|δ]-1/4
  • 6・5 2ⁿ-1/2k 計画 2ⁿ(2ⁿ⁻k)[γ]-1/2k およびその乱塊混同配置 2ⁿ(2ⁿ⁻k⁻ˢ)[γ|δ]-1/2k
  • 6・6 2ⁿ 型直交配列
  • 6・7 例題解説
  • 6・8 3ⁿ 型部分配置法
  • 6・9 3ⁿ-1/3 計画 3n(3ⁿ⁻¹)[γ]-1/3 およびその乱塊混同配置 3ⁿ(3ⁿ⁻¹⁻ˢ)[γ|δ]-1/3
  • 6・10 3ⁿ-1/3k 計画およびその乱塊混同配置 3ⁿ(3ⁿ⁻k⁻ˢ)[γ|δ]-1/3k
  • 6・11 例題解説
  • 6・12 3ⁿ 型直交配列
  • 文献
  • 附表 直交配列法
  • 索引